Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コラム紹介:『Maxisスタジオからの贈り物』

2012年の公式ブログ最終更新です。



Maxisスタジオの贈り物

市長の皆さん、こんにちは。今年も終わりに近づいて来ましたが、ここMaxisスタジオでは、今年の仕事についての大反省会の真っ最中です。ところで今日はマクシス開発チームの陽気なメンバー達が、シムシティにどんな贈り物をしてきたか、それを紹介しましょう。

happy holidays



スポンサードリンク



グラフィック・エンジニアXin Liuからの贈り物:
ボリューミック・ライト。わかりやすいように画像を使って説明しよう。

water_tower.gif

ボリューム・ライトは、ゲームプレイ・ストラテジー・ビデオ#2に登場する。しかし、どうもそれに気づいた人は居なかったみたいだ。これは、シムシティ中の建築物等を、現実にあるもののように表現してくれるものだ。

ゲームプレイ・デザイナーBrian Bartramからの贈り物:
私はシムシティの中で、様々なデザインを行なってきた。特に心に残っているものを紹介しよう。

1.市長の評価パネル
これはトップレベルから問題を掘り下げる方法として、プレイヤーに与えられた解決手法だ。市長の評価は、あなたの都市の幸福の総和だ。しかし、どうやって不幸せなシムを見つければいいのか? 市長の評価パネルは、居住区、商業区、工業区と、それら各カテゴリーの富裕クラスごとの幸福度がどうなのかを教えてくれる。ここには特定のグループに関して何が問題なのかを示すリスト、データレイヤーへのリンク、または、この問題を解決する為に使えるユーザーインターフェース(UI)などがある。

2.青い『i』のヘルプシステム
私たちは、真ん中に「i」の字がついている青い円のパネルやUIを、ゲームの中に作った。これは統合ヘルプシステムだ。これを見つけた時に、この印の上にマウスを持ってくると、効果的に、必要なゲームの知識を入手できるだろう。

3.ミニチュートリアル
メインのチュートリアル以外でも、ゲームの間ずっとプレイヤーに指導をする方法が必要だと考えた。このニーズに対応するため、ミニチュートリアルシステムを作った。

プロデューサーMeghan McDowellからの贈り物:
私のチームはアイソメトリックマップの作成に携わっていました。都市の地形をクリックで拡大する様が、まるで大きなケーキをスライスするようなので、私達は、これを「ケーキ」マップと呼んでいます

チューニングデザイナーChris Schmidtからの贈り物:
ゲームプレイへの最小/最大アプローチ。シムシティは常に複雑で挑戦的なゲームでした。しかし、より親しみやすいゲームに作っています。私たちは、不朽の名作となった初代シムシティを目指すような、挑戦に向かって行きたいという事を肝に銘じていたいです。そのための寄与したものを書きだしていくと、下記のようになります。

1.バランス
私は長年シムシティをプレイしてきた経験があり、それを使ってゲームを作ることに誇りを持っています。適正なゲームバランスを構築し、プレイヤーに届けたい。この初代シムシティの名を継ぐゲームを、玄人から素人まで、すべてのスキルレベルのプレイヤーが楽しめるようにしたい。

2.道路ガイド
道路エンジニア、リード・デザイナー、クリエイティブ・ディレクター、そしてマネージング・プロデューサーと共にシステムを構築し、プレイヤーが曲がった道路やグリッドのどちらを使用していても、最大限活用できるようなシステムを作って来ました。

3.建物のサイズ
美術チームと協力し、できる限り格子状の都市にフィットするような適正なサイズの建物を作ろうと試みました。そして、(曲線道路などを使って半端な空き地が出来る場合でも)、そこにプレイヤーが違和感を抱かないような、道路ガイドのパラメーターに適合するサイズに調整したのです。

リード・ゲーム・スクリプターGuillaume Pierreの贈り物:
こんな長い時間制作に携わった後で訊かれると、中々何と答えていいかわからないんだよね。

ゲームプレイ・エンジニアRichard Shemakaの贈り物:概略マップ
私がシムシティチームに参加して、最初に作ったものだ。このゲームは大半がマップ上で展開され、地形上に広がるシミュレーションデータとなる。プレイヤーがこの情報を取得する事は、我々のデータビューの多くで、土台となっているんだ。原案を組み上げたのは、ユーザー・エクスペリエンス・ディレクターのChristian Strattonだ。

land value map


ゲーム・デザイナーDan Klineの贈り物:
UIに関する仕事かな。明確に意思疎通するのに必要な、様々な情報の断片があるだろ。僕は、情報がただ存在するだけにならないよう頑張ってきたんだ。それが重要なら、重要だと気づくようにね。プレイヤーはUIを見て、色々総点検するだろう。過去のシムシティと比べて、数光年先に進んだと思ってるよ。



登場人物ご尊顔

グラフィック・エンジニアXin Liu
(画像見つからず)

ゲームプレイ・デザイナーBrian Bartram


プロデューサーMeghan McDowell


チューニングデザイナーChris Schmidt


リード・ゲーム・スクリプターGuillaume Pierre


ゲームプレイ・エンジニアRichard Shemaka


ゲーム・デザイナーDan Kline


テーマ:シムシティ - ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://simcity2013.blog.fc2.com/tb.php/108-05645655
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

このサイトについて

シムシティなど、私が興味あるゲームの情報(主にシミュレーションゲーム)を流しています。なお当サイトの和訳記事はかなり適当です。

follow me on twitter
twitterで更新情報など流してます。

SimCity(2013)

スポンサードリンク



拡張パック第一弾
「シティーズオブトゥモロー」
シムシティ:シティーズ オブ トゥモロー 拡張パック [オンラインコード] [ダウンロード]
■Windows版
/ ■Mac版

Amazon:SimCity SoundTrack
シムシティ サウンドトラック
SimCity Cities of Tomorrow
シティーズオブトゥモロー サウンドトラック


ドスパラ商品紹介:シムシティ推奨PC

カテゴリ

お知らせ (3)
公式情報 (32)
ゲームシステム (28)
公式ブログ紹介 (41)
コラム紹介 (32)
動画紹介 (34)
PCスペック (7)
MOD (10)
DLC (13)
クローズドβ (20)
Mac版 (2)
ツイート (487)
Wiki下書き (11)
その他 (72)
Cities: Skylines (28)
Banished (1)
SimCityBuildit (5)
CitiesXXL (9)
未分類 (5)

人気記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR