Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

実質的なPCスペックに関する推測(3)

βテストも終わり、今までは憶測としか呼べないレベルだった動作環境に関して、「10万人程度の中密度都市を運営するならば」という限定つきではあるものの、かなり現実的な推定ができるようになりました。

2013/3/27 各メーカーのシムシティ推奨PCのスペックまとめました
実質的なPCスペックに関する推測(4)

2013/2/3 一部記述ミス修正しました。
2013/2/8 ビデオカードに関する情報追記しました。
2013/3/9 サポートOSに関する情報追記しました。

How I Mayor2-2

スペックに関する暫定まとめ(2013年1月現在)
・i3でも普通にプレイでき、しかもまだ余裕がある。4コアのi5は本当に推奨環境だった。
・メモリは2GBで起動ギリギリ、基本は4GB以上。多いほうが安心。
・映像にこだわりがあるならGTX660のVRAM2GB以上必須。最低ラインはIntel HD Graphics 4000(=CPU内蔵のGPU)
・ノートパソコンでも機種によっては普通にプレイできる。
・Windows8での動作報告あり。
・マックでもbootcampを使えば動く。→ 「Mac版に関するメモ(1)」末尾参照のこと

以下、雑多な情報の羅列です。かなり冗長な上に、歯切れの悪い表現ばかりになりますが、お察しください


スポンサードリンク



CPU
クローズドβで、人口を5~10万人ぐらいまで伸ばせた人は、相当数居たようですが、CPU使用率が100に到達したという報告は見ていません。私が想像していた以上に、GlassBoxのアーキテクチャは最適化されている模様です。ここ数年で買ったPCに搭載されているCPUだったら、まず問題なさそう。i7だったら人口2万でもロード20%未満。i3でも余裕の動作レポートあり。意外なことに人口が増えても、さほどCPU使用率は上がりませんでした(1,000人→5万人のレベルだったら誤差程度の増分)。
また、AMD製CPUでの動作報告も頂いています。ハイエンド級のものはIntel CPUと比べると価格面でかなり魅力的。

メモリ
シムシティのメモリ使用量を確認したところ、人口3万で1.3GB占有しており、OS領域とあわせたら2GB以上は確実に必要でしょう。仮想メモリ分があるので2GB搭載PCでは起動不可、ということはないはずですが、空きメモリが2GBを切った状態でシムシティを起動させると顕著にパフォーマンスが落ちたという報告があり、実際プレイするには3GB以上(現実的には2*2GBの4GB以上)が必要でしょう。こちらも意外なことに、1,000人→5万人のレベルの人口増加では、メモリ使用量はあまり変わりませんでした。ただし、余裕を見るなら大量に積んでおいて悪いことはないはず(パーツの中では安い部類ですし)。

参考:メモリを4GB以上搭載したい場合の注意事項
 → 実質的なPCスペックに関する推測(2)

また、公式の要求スペックに記載されたメモリ量については、13年1月現在、各所で数字が異なる状況になっています(日本を始めとする数カ国の予約ページでは最低4GB。USAや、EAプレスリリースだと2GB)。現在の状況を鑑みれば、最低2GB、推奨4GBが本当の値と判断すべきでしょう。

ビデオカード

前提のお話
シミュレーション側(CPU、メモリ)と異なり、描画性能の要求は「個人差が大きい」。例えば、「映像エフェクトUltra設定で60fpsある状態」でないと満足できない人もいれば、「映像エフェクト全Lowで20fpsしか出て無くても、シミュレーション自体が滞らなければ満足」という人も居る為、自分がどの程度を目指しているのかにより、必要性能は大きく異なります。自分の目指す位置を確かめましょう(金が有り余っている人はこの限りではありません)。

確認項目は主に下記3つ
(1)フレームレート
無制限、上限60fps制限、上限30fps制限というソフト側の設定と、実際上の処理による触れ幅を考慮する必要がある。30制限で使うなら、60fpsをキープできるVGAはオーバースペック。
(2)画面サイズ
XGA(1024*768)~WQHD(2560*1440)程度まで選択可能(注:PC環境により設定できる範囲は異なる)
(3)映像エフェクト
各種あり。下記参照。

(1)フレームレートについて
実写なのでゲームとは大分違いますが、30fpsと60fpsの差はこれぐらいです。この違いが決定的だと思う人は、GTX680(現時点で最も高性能かつ高価なビデオチップ)以上を搭載した機種が必要になります。

個人的には、平均20~25fpsぐらいが、シミュレーションゲームを普通にプレイできるボーダーラインだと思いますが、こればかりは人によります。

(2)画面サイズについて
これも人によりけりですが、全画面表示以外でゲームができるか! という人や、ネットサーフィンしながらやるからXGAでいい、という人までいるでしょう。自分のプレイスタイルと相談してください。画面は小さければ小さいほど負荷が減ります。

(3)映像エフェクトについて
画質差
週アス+の画像を加工させて頂きました。もっと大きいサイズで確認したい場合は、下記の週アス+の記事で確認してください。ちなみに上記の「中画質」が、βテスト時のデフォルトです。


本題
下記の週アス+の記事が白眉なので、これに補足をつける形で説明していきたいと思います。

週刊アスキーPLUS / 新しい『シムシティ』を速攻ベンチ やっぱりハイエンドGPUがほしくなる!
   (記事中盤の『画質設定の違いは?』以降がVGA関連)

この記事は非常に良い内容なのですが、「チュートリアル部分を基準にしている」という点を考慮しなければいけません。人口が増えるとVRAM使用量が増加する(描画の負荷が増える)事が各所で報告されていますが、チュートリアルの人口はたったの2,500人1都市の人口は100万人を超えるという情報もあり、この点を勘案した上で、週アスの記事を読むべきかと思います。

(1) ハイエンド
フルHDで映像効果UltraならGTX660以上必須です。ただし、人口増加時の負荷増をどう取り扱うかは難しい所。頂いた情報の中では、GTX670だったら人口2万程度でも30fpsは切らないそうな。

(2) ミドルレンジ
画像効果ミドル、フルHDで平均30fpsをキープできるギリギリのラインがGTX650Tiと推定されます。これは、GTX650で25fps以上キープできたので(その状態でGPUロード100%で余裕なし)、GTX650Tiならば…という推定です。そこそこ出来ればいいよ、という方はこの程度を目安に。

(3) ローエンド
週アス+の記事では「(HD4000でのプレイは)ちょっと諦めた方が良さそうです。」という結論ですが、映像エフェクトにまだ削り代があるのと、なによりウィンドウサイズを落とせば負荷は減るので、「HD4000でもプレイは可能」が正確ではないかと。公式フォーラムではIntel HD Graphics 3000でプレイできた、という報告がありましたが、全く詳細が書かれていなかったので信憑性も薄く、その意味で、確認されている最低ラインはHD4000ではないかと思います。

2013/2/8 追記
シムシティ4攻略の老舗「シムシティフォース」さんでも、 Intel HD Graphics 4000(しかもノートパソコン)で快適に動作したというβの動作レポートが上がっていました。やはりHD4000でプレイは可能そうです。

(4) 補足:VRAMについて
VRAMについては、各所で「VRAM使用量1GBを超えた」という報告があるので、ミドルレンジ以上なら2GB程度ある方が安心です。勿論、1GBでも問題なくプレイできたというレポートもよく見ましたので、1GBでは決定的に足りないという意味ではありません(「問題なくプレイできた」という表現も、多分に主観が含まれているので取り扱いには注意が必要)。

参考データ:PASSMARKベンチのスコアと平均販売価格
2013-02-03_003651.png
(クリックで拡大)


ベンチマークは、そのソフトによって順序が入れ替わることがしばしばあります。公式ベンチマーク(現時点でそんな物は存在しませんが)以外のスコアは、参考程度に留めておきましょう。

参考サイト:
PASSMARK Software / Videocard Benchmarks High End Video Card Chart
パソコン ハードウェア初心者の館 / グラフィックカード(VGA)の性能説明

その他
・エビデンスなしで申し訳ありませんが、ストレージからのデータの読み出しはさほど多くない印象なので、普通のHDDで十分だと思います。ただし、ゲームの起動時、自分が市長でない都市を読み出す時(spectator mode)、他の地域の都市に飛ぶ時などは、ローディング画面を挟むので、そういう操作が多くなりそうな人は、頭の隅にSSDを置いておきましょう。
ノートパソコンでの動作報告も頂きました。βの前は、シムシティ4のトラウマから「ノートでシムシティですか? 正気ですか?」みたいな人を、質問サイト界隈ででよく見かけましたが、きちんと機種を選べばノートでもやれそうです。
AMD(CPU)+RADEONでも問題なく動作したという報告頂いてます。費用対効果を考えるならAMD(CPU)+RADEONは、有力な選択肢になるでしょう。
・当たり前かもしれませんが、Windows8での動作報告が各所で見られました。その逆で、動かなかったという情報は、少なくとも私の見た範囲にはありませんでした。ただし公式にはWindows8はサポート対象外なので、これが原因で動かなかったとしてもEAに文句は言えません製品版同封のリードミーファイルではWindows8が動作対象になっていました。

付記
情報提供頂いた皆様、ありがとうございました。





テーマ:シムシティ - ジャンル:ゲーム

コメント

参考になりました!

とても参考になりました
わかりやすく解説していただけたので、安心出来ました(・ω・)ノ

気になるところは…
低負担なゲームと聞いたのですが
メモリ4GBで、公式の動作必須環境を、超えていればゲームは楽しめるんでしょうか?
i3なんですが…グラボではなく
AMDなのでちょっと心配です。

Re: 参考になりました!

>もやしとからしさん
当ブログの記事がお役にたてれば幸いです。

一応、開発メンバーが「画質を落とせば(記事中の「最低画質」というやつです)必須環境で動く」というコメントを各所でしています。私も多分プレイはできるのだろうと思います。
http://simcity2013.blog.fc2.com/blog-entry-210.html

気にになるのは、オンボードだとメインメモリとVRAMが共用なので、実質4GB割り振れないという点ですね。もやしとからしさんの環境にもよりますが、メインメモリが4GB程度は確保できないと、多少ストレスフルな動きになるかもしれません。
また、あくまで個人的な意見ですが、1万円未満のVGAカードでもオンボードよりは格段に性能が良いので、そちらを用意した方が良いような気がします。

参考のほどに

名前出したらアレかと思って、とある者にさせてください。。。
自分、Win8 64BIT環境とOriginでプレイしてますが、全く苦も無く動作してます。
ハイエンドではGTX660以上は当たってます。自分、最高パフォーマンスでGTX660Tiを使ってますが、全くカクつきません。
TCO(Total Cost of Ownership)を基礎化する推進をしているメーカーもありますから、シムシティをプレイするためのPCといえど、現行のモデルで、出来るだけ長く使えて性能がいいパーツを一括購入したほうが良いでしょう。
(ミドルエンドかハイエンド以上)
シムシティ自体は飛躍的に改善されてますけど、チュートリアル的なものがもっと必要かもしれません。
管理人さんのところでようやく解かったのもありますので。

Re: 参考のほどに

情報ありがとうございます。ご返答遅くなって申し訳ありません。

> シムシティ自体は飛躍的に改善されてますけど、チュートリアル的なものがもっと必要かもしれません。
> 管理人さんのところでようやく解かったのもありますので。
ここの点、もう少し教えていただけないでしょうか。どこの部分の事を仰られているので?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://simcity2013.blog.fc2.com/tb.php/161-4695eb18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

このサイトについて

シムシティなど、私が興味あるゲームの情報(主にシミュレーションゲーム)を流しています。なお当サイトの和訳記事はかなり適当です。

follow me on twitter
twitterで更新情報など流してます。

SimCity(2013)

スポンサードリンク



拡張パック第一弾
「シティーズオブトゥモロー」
シムシティ:シティーズ オブ トゥモロー 拡張パック [オンラインコード] [ダウンロード]
■Windows版
/ ■Mac版

Amazon:SimCity SoundTrack
シムシティ サウンドトラック
SimCity Cities of Tomorrow
シティーズオブトゥモロー サウンドトラック


ドスパラ商品紹介:シムシティ推奨PC

カテゴリ

お知らせ (3)
公式情報 (32)
ゲームシステム (28)
公式ブログ紹介 (41)
コラム紹介 (32)
動画紹介 (34)
PCスペック (7)
MOD (10)
DLC (13)
クローズドβ (20)
Mac版 (2)
ツイート (474)
Wiki下書き (11)
その他 (72)
Cities: Skylines (28)
Banished (1)
SimCityBuildit (5)
CitiesXXL (9)
未分類 (5)

人気記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR