Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オフラインモード解放後のMOD隆盛について(後)

さて後編ですが、ここ最近出てきたMODの中で「すっごいブレークスルーだよ!」と言えそうなものを何点かピックアップして紹介したいと思います。



この動画なんかは、それらのMODを上手に使っているので是非参考にしてみましょう。この動画の作者さんはいつも東京をモチーフに街づくりをして動画をアップされている方です。どこが東京なん? という突っ込みは毎回入りますが、地形操作や都市デザインに関しては、他の追随を許さないレベルの方です。

それでは、MODの紹介を始めます。
リンクの形式は、名称部分がオリジナルの配布元へのリンク、「(日本語解説)」はシムシティMOD情報wikiの解説ページへのリンクです。いまだに管理人(私)限定で好き勝手に編集しまくっており、ページ構成も気ままに変えてるので、そのうちリンクが切れてしまうかもしれませんが、その際は平にご容赦を。


スポンサードリンク






■Project Orion日本語解説
通常、一辺2kmであった都市領域を、一辺3km(面積2.25倍)にするMOD。ただし、元々都市領域ではなかった場所については、通常の道路・地区設定が出来なくなる上、実は4方位中2方位のみしか建物が設置できない。言い換えると、都市領域の枠内(点線で囲まれた地域)は9km^2なのだが、実際に建物設置可能なのは6.25km^2程度である。また、その編集可能な2方位も、色々建築制限があって完全に拡張したとは言えないような状態である(通常の道路は設置できないとか、地区設定がやりづらいっとか)。ただ、それらを差し引いても、マップが大きくなるというのはとてつもないメリットなので導入推奨。
なお、別途Akarのような地域道路が設定できるMODが必須。

mod01.jpg


■電力スピードアップ日本語解説
電力エージェントの速度を約5倍にアップするMOD。
これだけ聞くと「?」となる人が多いかもしれないが、電力エージェントは発電所から放出され、一定時間後に消滅する仕様の為、このMODを使用すると通電範囲が約5倍になる。発電余力はあるし、道路もつながっているのに、なぜか電気が届かなくて困ったりした場合に有用。Orionを使用して都市領域を広げると、しばしば電力が届かなくなるので地味に重宝する。

欲を言えば、水版も欲しい(難しいらしいですが)。

■UniDirectional Networks (UDoN)日本語解説
一方通行道路。陸橋にも対応しており、疑似高速道路を敷設する事もできる。一か所を一通にするだけでも、都市内のトラフィックが大幅に変わることもあるため、渋滞対策に命をかける向きには非常にお勧め。
なお、このMODはパッチ10.1でベース部分が配布されたものを、作者xoxide氏が掘り起こしたものである(ベース部分はMaxisが開発したが、10.1配布時点では機能を封印しており、xoxide氏がアンロックしたという状況)。ただ、操作方法には癖があるので、かなり練習しないと思い通りには敷設できないだろう。

mod02.jpg


■Project Akar日本語解説
本質的には、UI(メニュー項目)を拡張MOD。UDoNを入れると、道路メニューが増えすぎて操作性が著しく悪化し、道路の敷設が非常に煩雑になるが、このAkarをインストールすると、道路メニューに各種サブメニューが追加されて操作が容易になる。
また、他のMODをインストールする時の前提MODに指定される場合が多く、今後MODプレイする時には必須ファイルとなるかもしれない。導入デメリットとしては、メニュー周りのIDがごっそり入れ替わるので、Akar以前から配布されていた道路系MODが、ほとんど動かなくなるということ。これは地味に辛い。

mod03.jpg


■Bridge & Tunnel Mod日本語解説
一般道路・UDoNなど、道路敷設を更に拡張し、トンネルや陸橋をより設置しやすくするもの。地形改造、立体交差路を作る時などに非常に重宝する。道路レイアウトに凝りたい人には必須のMOD。Akar対応版があるのでそれを使うと良いだろう。これも敷設には少し癖があるので、しばらく使って慣れると良い。
なお、UDoN、Akar、B&Tは三つそろえると真価を発揮するので、セットでのインストールを推奨。

mod05.jpg


RCI Plop Mod (Project Avalon ver.)(日本語解説
地区を設定すると自動生成されてくる各施設について、任意の建物を選択して設置できるようになるMOD(ただし、欧州系施設DLCは未対応)。ゲームバランスは滅茶苦茶になるが、本当の意味で箱庭ゲーム化することができる。
ただ、建てる事はできるが、周辺環境が整っていないとあっというまに廃墟化するので、その点は注意が必要。オリジナル版は、低密度低所得の住居~ハイテク高密度の工場まで全てが行政メニューに詰め込まれており、かなり使いづらい。Avalon版はRCIHがメニュー分けしてあり、更に密度ごと、所得ごとにサブメニューがあるので、操作性はオリジナルと比較すると雲泥の差であり、Avalon版を使う以外の選択肢はほぼないだろう。

mod04.jpg


MagLev As Subway日本語解説
「リニア鉄道」のサブメニューに地下鉄を追加するMOD。動作様式はリニア鉄道と全く一緒なので、実質的にはリニア鉄道を地上・地下で二重化できるという程度の意味しかないが、まあ地下鉄がある、というだけで方がテンション上がりますしね…。
残念なことに拡張パック「シティーズオブトゥモロー」をインストールしていない人は、使う事が出来ない模様。
しかし、このMODで革新的だったのは「リニア鉄道用の高架線路は、高さが規定しており、このシステムは値を変更したり、他の道路にも応用できる」ということを知らしめた点にある。その極致が上述のUDoN高架システムだったり、B&T Modであると言えるだろう(作者さん本人が意識しているのかどうかは存じませんが)。

mod06.jpg


■Museum日本語解説
スミソニアン・アメリカ美術館のメインビルディングである「Old Patent Office Building」を追加するMOD。
建物自体の機能は「図書館(買い物客に教育レベルを持ち帰らせる)」+「ランドマーク(観光客が遊んで帰る)」となっていて、まあ正直性能としては、どちらをとっても微妙。
しかし、このMODのすごい所は、(既存の建物のコピーやリテクスチャーではなく)完全に1から作成された施設MODだということであり、このタイプのMODはシムシティ2013としては初。つまり、既存の施設を削ることなく、新しい施設を、任意の機能で追加していける可能性を示している。
余談ですが、このMOD作者oppie氏は、Package編集ソフトSimCityPakや、RCI施設の置き換えMOD(マクドナルドバーガーキング)など革新的なMODを数多く発表している上、Maxisから情報提供を受けている事も公にしていたりと、Modderの中でもかなり特殊な存在です。個人的には、社員が隠れ蓑被ってやってるだけだと言われても全然驚かないです。

362f4638dae29b8340cd994558d9e4cf.jpeg





詳しいインストール方法や使い方は、配布元やシムシティMOD情報wikiを参照してください。
他にも色々素晴らしいMODはあるのですが、まあキリないのでそれは割愛しまして、紹介動画の紹介をして終わりにしたいと思います。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://simcity2013.blog.fc2.com/tb.php/414-2034d988
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

このサイトについて

シムシティなど、私が興味あるゲームの情報(主にシミュレーションゲーム)を流しています。なお当サイトの和訳記事はかなり適当です。

follow me on twitter
twitterで更新情報など流してます。

SimCity(2013)

スポンサードリンク



拡張パック第一弾
「シティーズオブトゥモロー」
シムシティ:シティーズ オブ トゥモロー 拡張パック [オンラインコード] [ダウンロード]
■Windows版
/ ■Mac版

Amazon:SimCity SoundTrack
シムシティ サウンドトラック
SimCity Cities of Tomorrow
シティーズオブトゥモロー サウンドトラック


ドスパラ商品紹介:シムシティ推奨PC

カテゴリ

お知らせ (3)
公式情報 (32)
ゲームシステム (28)
公式ブログ紹介 (41)
コラム紹介 (32)
動画紹介 (34)
PCスペック (7)
MOD (10)
DLC (13)
クローズドβ (20)
Mac版 (2)
ツイート (459)
Wiki下書き (11)
その他 (72)
Cities: Skylines (28)
Banished (1)
SimCityBuildit (5)
CitiesXXL (9)
未分類 (5)

人気記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR