Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Simtropolisによる「Cities: Skylines に関するQ&Aインタビュー」

Simtropolis(シムトロ)と言えば、シムシティ4時代から続く由緒正しき・かつ世界で一番有名なシムシティのコミュニティサイトですが、実はこっそりCitiesXLや、その他のシミュレーションゲーム(Avalon、Citynound)のカテゴリもあり、つい最近、Cities: Skylinesも扱うようになりました。

そんな折、シムトロ運営がParadox(販売元)に対して独占インタビューを行ったまとめが、当該フォーラムにアップされていたので、だいぶ大雑把な紹介を。

SS10_05.jpg


ソース:Simtropolis / Simtropolis Q&A about Cities: Skylines with Paradox Interactive

というか、いきなりParadoxへのインタビューを実施できたりしているあたり、Paradox側から、シムトロ運営側に、C:Sを扱ってもらえるような、何らかの要請でもあったのではないかと思います。英語圏の大手コミュニティサイトは、しばしば開発元・販売元から先行情報を貰う代わりに、サイト上でゲームの宣伝をしたり、といった取引が行われています。

うちみたいな島国サイトは相手にされないですけども(存在を認識されることすら稀)。


スポンサードリンク



注:少し質問を分割したり端折ったりしています。

Q: EAのシムシティ2013に対する批判について、どれぐらい対処しました?(ヤク注:C:SがSC2013インスパイアなのは前提で質問)
A: 我々はシムシティの成功、あるいは失敗について興味はありません。しかし一方で、都市シミュレーションマニアに熱狂してもらえるようなものを作りたいと思っていました。Colossal Order(以下CO)は、当初から、他のゲームが成し遂げられなかったゲームにしたいと考えていました。

Q: ゲーム制作に当たって、シムシティのコミュニティからどれぐらい情報収集しました?
A: 上記のような理由もあり、(シムシティに限らず)可能な限り都市開発ゲームファンにヒアリングを行いました。その結果、シムシティのコミュニティサイトであるシムトロポリスにもたどり着いたのです。

Q: 都市開発ゲームをやるような連中が一番求める物は、何だと考えていますか?
A: 一言でいえば、柔軟性でしょうね。創造上の自由というか。プレイヤーは、建築家であり設計者です。ParadoxとColossal Orderは、Cities: Skylinesを、プレイヤーが十全に活用できるプラットフォームにすることをゴールと考えています。

Q: Cities: Skylinesは、シミュレーションを楽しみたいプレイヤーと、単に美しい街並みを作りたい人、それぞれにどれぐらい応じられるでしょう?
A: Cities: Skylinesは、まるで街が生きているかのように感じられるほど豊かで魅力あるシミュレーションを提供します。我々は、単なるユートピアづくりよりも、ゲームプレイが重要と考えています。ParadoxとCOは、頑健なシステムとツールを提供することを第一にし、コミュニティの協力によってよりバラエティ豊かなものにしていけると考えています。

Q: Cities: Skylinesは、どういう風にユーザーを取り込もうとしています?
A: スムーズに発売すること、発売時点で楽しめるゲームであること、そして発売後も新しい特徴を追加していこうとしています。

Q: 最近の傾向としてシムシティプレイヤーはリリース後のサポートを重視する傾向があります。COとParadoxはどうしようと思っています?
A: Paradoxの過去のゲームを見てもらえば良いと思います。我々は長い間に渡るサポートを実施しています(決して有料DLCや拡張パックの事を言っているわけではありません)。無料パッチ、コンテンツ、追加要素などを配布しています。

Q: Modderに対し、どのようなツールを提供しようと思っていますか?
A: 単に「Modをサポート」といっても、企業によってその範囲は様々だと思います。我々は以下を想定しています。
1.完全に機能するModツールを、ゲーム発売と同時に公開する。
2.Steamワークショップを使いやすくし、Modの共有を推進。
3.我々のコミュニティ担当が、Modの質問に対してストレートに、明確に回答するようにします。全てに回答する事はできませんが、隠しだてを使用とは思っていません。
4.開発チームは、継続してModdingしやすい環境を作り続けます。

我々のCEOが、この件に関してインタビューを受けていますので、そちらも参照して下さい。

Q: STEX((Simtropolis's Exchange)は使えるようになりますか?
はい。Steamワークショップ以外で、Modを共有することも可能です。

Q: 最後に、シムシティ(2013)に少々幻滅してしまったシムシティプレイヤーに対し、言っておきたい事はありますか?
A: COとParadoxは、史上最高の都市育成ゲームにしようとしていますし、それを確約します。私たちのコミュニティマネージャーは、プレイヤーの懸念やフィードバックに対処する事になっています。コミュニティとの透明、誠実、かつオープンなコミュニケーションをしていくつもりです。

追記:この他のFAQについては、公式フォーラムを参照して下さい。→ http://forum.paradoxplaza.com/forum/showthread.php?836421-FAQ-Guide

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://simcity2013.blog.fc2.com/tb.php/506-8c30d98b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

このサイトについて

シムシティなど、私が興味あるゲームの情報(主にシミュレーションゲーム)を流しています。なお当サイトの和訳記事はかなり適当です。

follow me on twitter
twitterで更新情報など流してます。

SimCity(2013)

スポンサードリンク



拡張パック第一弾
「シティーズオブトゥモロー」
シムシティ:シティーズ オブ トゥモロー 拡張パック [オンラインコード] [ダウンロード]
■Windows版
/ ■Mac版

Amazon:SimCity SoundTrack
シムシティ サウンドトラック
SimCity Cities of Tomorrow
シティーズオブトゥモロー サウンドトラック


ドスパラ商品紹介:シムシティ推奨PC

カテゴリ

お知らせ (3)
公式情報 (32)
ゲームシステム (28)
公式ブログ紹介 (41)
コラム紹介 (32)
動画紹介 (34)
PCスペック (7)
MOD (10)
DLC (13)
クローズドβ (20)
Mac版 (2)
ツイート (458)
Wiki下書き (11)
その他 (72)
Cities: Skylines (28)
Banished (1)
SimCityBuildit (5)
CitiesXXL (9)
未分類 (5)

人気記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR